メニュー

医師紹介

こんにちは、この度大阪市北区、南森町駅は程近い大阪天満宮のお膝元にて、「南森町ふくしま内科・循環器内科」を開院させていただくこととなりました福島立也です。幼少期よりよく通っていた天神橋筋商店街中でこの度開院させて頂けること、とても嬉しく思っております。

学生時代

私は幼少期より北区で育ち、ずっと梅田や中津、天神橋といった町で育ってまいりました。中学、高校は京都にある洛南高等学校・附属中学校に6年間、大阪駅よりJR新快速に乗って通学しておりました。片道1時間の電車通学はいい思い出です。

岐阜大学医学部医学科の出身です。岐阜大学では6年間水泳部に所属しておりました。卒業後もたまに泳いだり自転車で琵琶湖一周したりと何かとアクティブに活動しております。大学在学中に2年間休学してアメリカのロサンゼルスに留学しておりました。あちらではSanta Monica Collegeというコミュニティーカレッジに在籍し、主に語学や生物学、解剖学などを学んでおりました。あの頃の経験が医者になった後の、主に英語での論文作成や学会発表、他国籍の患者様に対する診療に役立っております。

研修医時代

大学卒業後は都内の市中病院にて2年間研修医として研鑽を積ませて頂きました。その頃の循環器内科の先生方に大変お世話になり、心大血管疾患の症状、病態理解から実際の治療まで“心臓、大血管とは何か”をご教授頂けたと思っております。研修医1年目の時点で循環器内科医になることを決意、日本循環器学会に所属することとなりました。

循環器内科医として

研修終了後は東京女子医科大学病院の循環器内科に入局致しました。大学病院だからこそ経験できる多様な心臓、大血管疾患の治療に携わらせて頂きました。大学の関連機関である榊原記念病院でも診療に当たらせて頂き、大学同様に最先端のカテーテル治療などを学ばせて頂きました。その後も大学関連機関である佼成病院にて循環器内科医としてのキャリアを積ませていただき、医師8年目で循環器専門医の資格を取得致しました。その後、大学病院には籍を置かして頂いたまま帰阪、大阪にて循環器内科医としての診療を続けながら、この度ここ天神橋、南森町の地で開院の運びとなりました。

これから

今後は私が育った北区で地域の皆様の健やかな日々を少しでも医療の観点からサポートできるよう、日々努めて参ります。どんな些細な健康上のお悩みも相談してよかったと思っていただけるようなクリニックを目指して精進して参ります。

皆様、何卒宜しくお願い申し上げます。

院長 福島 立也

略歴

2000年3月 大阪市立中津小学校卒業
2000年4月 洛南高等学校・附属中学校入学
2006年3月 洛南高等学校卒業
2007年4月 岐阜大学医学部医学科入学
2011年-2013年 休学の上、海外留学
2015年3月 岐阜大学医学部医学科卒
同年4月 総合東京病院にて初期臨床研修
2017年4月 東京女子医科大学病院 循環器内科入局 同大学病院および榊原記念病院にて後期研修
2019年4月 立正佼成会佼成病院 循環器内科入職
2022年4月 東和病院およびいくえ城北公園クリニックにて循環器内科医として勤務
2024年1月 南森町ふくしま内科・循環器内科 開院

所属学会・資格

  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本循環器学会 認定循環器専門医
  • 日本心臓病学会 正会員
  • 日本ACLS協会 BLS/ACLSプロバイダー

玉城(福島)由子

こんにちは、この度「南森町ふくしま内科・循環器内科」で非常勤医師として勤務させていただくこととなりました、玉城(福島)由子です。自分自身が育った大阪市北区の地で、こうして医療を通じて地域のみなさまの健康維持のお手伝いをさせて頂けること、とても嬉しく思っております。

私は幼少期より北区で育ち、四天王寺中学校・四天王寺高等学校に6年間通学しておりました。その後、関西医科大学に進学し、奈良県総合医療センターにて初期研修後、2017年4月より奈良県立医科大学の糖尿病内分泌内科に入局し、現在に至るまで糖尿病を中心に内分泌疾患の治療および研究に従事して参りました。

今後も、大学病院で診療を行いつつ、「南森町ふくしま内科・循環器内科」にて、主に糖尿病患者さまの診療をさせていただきます。

私が育った北区の地で、地域住民の方々の健康を少しでもサポートできればと思っております。

皆様、何卒宜しくお願い申し上げます。

略歴

2003年~ 四天王寺中学校・四天王寺高等学校
2009年~2015年 関西医科大学
2015年~2017年 奈良県総合医療センター初期研修 
2017年~ 奈良県立医科大学糖尿病内分泌内科入局 

所属学会・資格

  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本糖尿病学会 認定糖尿病専門医
  • 日本内分泌学会 正会員

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME